« 鼻歌の効果 | トップページ | 電力使用制限令 »

常識と非常識

偉そうなことを人前で語る人に、決まってろくな人がいない。今日も、朝から、意味不明なことを、偉そうに言っている人を見た。私が苦手にしている人だ。「・・・あなたたちは、常識にしばられ過ぎている、常識は他人のものであって、自分のものではない、それを忘れないように」って、誰に向かって何をどのレベルでいっているのだろう???一見すると、もっともらしい気がするが、この話、実はとんでもなく矛盾している。もちろん、常識で患者を判断しなければならない場合もあるし、それだけに頼ってはいけない部分もある。そういう意味では、確かに、常識にしばられてはいけない。たとえ、患者に熱があっても、単にそれが「炎症」によるものではないことが希にあるからだ。でも、そんな低レベルな話なら、それも含めて医療では「常識」と考えなければおかしい。ならば、他人のもの、自分のもの、という区別は必要ないし関係すらない。ちなみに、この人「おはようございまーす」と誰かが挨拶しても、その時、誰かと話している時なら、必ず無視する。・・・あなたなんか小物は、私の視界にすら入らない、と言わんばかりに。私の第一印象は、新人いじめを得意技としていて世間知らず、加えて、勉強不足、自信過剰、自意識過剰、でも上司への機嫌取りだけは一級品・・・そんな印象だった。一ヶ月経って当たっていると思った。私も、先日、この人に、低次元な「いやがらせ」をうけた。
資料のある場所を聞いただけなのに「すぐに人を頼る人は努力をしない人です、努力しない人には医療をやる資格はないですよ、これ大事なことですよ」と意味不明なこじ付けを言われたので、私もついムッとして「努力・・・ですか?あまりに漠然としているのでわかりません。それより、人は褒めなければ動きません、共感も必要ですよ、ここが強制労働の場じゃなければ。それと、大事なことなら私なんかより、ここの理事長に向かって言えば、どうですか」と言い返しました。思いっきり睨みつけられました。でも、その後はおとなしくなりました。(笑;)

・・・ということです。 (^-^)♪

それでは、明日のために頑張ってください。

↓こんなブログですが、もしよければ応援クリックお願い致します

人気ブログランキングへ

|

« 鼻歌の効果 | トップページ | 電力使用制限令 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/573391/52081694

この記事へのトラックバック一覧です: 常識と非常識:

« 鼻歌の効果 | トップページ | 電力使用制限令 »