« 認知症患者を元気にする方法 | トップページ | アニサキス症 »

「記憶力」を鍛える2

ケアマネの試験勉強をしているyさん、いつもメールありがとうございます。今回いただいたご質問は「勉強方法」でしたね。テキストが難しい、覚えることがたくさんあって覚えられない?ということでしたが、この記事の前の前の前に書いた「記憶力」を鍛える。は参考になりましたか?この記事も、前回のyさんのメールがきっかけで、あなたのために書きました。
さて、ケアマネもそうですが、介護や高齢者医療、リハ系の資格では必須となる設問に、脳障害があります。障害の種類、特徴、経過、観察、原因、リハ、予後、検査など、覚えることはいっぱいあります。そして、この中でも特に覚えにくいのが「責任病巣」だと思いますので、今回はこの覚え方を実践してみたいと思います。では、実践です。
ある先生が「皆さん、↓だけでいいのでとりあえず覚えましょう。明日、試験をします。」と言いました。
視覚失認→優位半球後頭葉
触覚失認→対側の頭頂葉縁上回
聴覚失認→優位半球上側頭葉後部
記憶障害→前脳基底部、側頭葉内側面(海馬)
失行→ 優位半球縁上回
失認→優位半球頭頂葉・側頭葉
左右失認→優位半球頭頂葉
半側身体失認→劣位半球頭頂葉
ゲルストマン症候群→優位半球角回
視覚性空間定位障害→一側または両側の頭頂葉
病態失認→劣位半球頭頂葉
手指失認→優位半球頭頂葉
半側空間無視→劣位半球頭頂葉
地誌的見当識障害→劣位半球側頭葉・後頭葉
地誌的記銘力障害→劣位半球側頭葉・後頭葉
肢節運動失行→対側の前運動野上部
観念運動失行→優位半球頭頂葉下部
観念失行→優位半球頭頂葉
構成失行→優位半球頭頂葉
着衣失行→劣位半球頭頂葉後部
失語症 全般→優位半球、前頭葉下部、側頭葉、角回
Broca失語・皮質性運動失語→優位半球下前頭回後半、弁蓋部および三角部
Wernicke失語、皮質性感覚性失語→優位半球上側頭回後1/2あるいは1/3
・・・さて、どうしましょう?
無理やり↑を片っ端から丸暗記したとしても、無理です。(そもそも、こんな先生がいたら、その人、無能です。)・・・なぜか、それは「再生方法」が確立されてないからです。
では、どうすればいいか。↓こうします。
「地誌的障害って場所についての障害なんだってね。だから迷うんだって。そういう人は近所の地図も書けないらしいよ。病巣は右側頭葉から後頭葉・・・すっごく広いよね。そういえば、この病巣、空間や見当識障害、構成障害と同じだね。右だから。ということは感情障害も起こしやすいんだね・・・。」という少し長めのフレーズを作り、これをフレーズ毎、暗記します。すると、ここのフレーズに「病巣」が出てくるわけです。これで、ひとつが確実に、量を増やしながら覚えられた、ということになります。後は、時間をかけて全部のフレーズを作り、順に覚えていきます。
テキストもこれと同様です。再生方法が書いてありません。だから、まず再生方法を確立してから覚えるんです。OKですか?
試験は、10月です。今からなら十分時間はあります。じっくり腰を据えて焦らず覚えていきましょう。

・・・ということです。 (^-^)♪

それでは、明日のために頑張ってください。

↓こんなブログですが、もしよければ応援クリックお願い致します

人気ブログランキングへ

|

« 認知症患者を元気にする方法 | トップページ | アニサキス症 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/573391/51913794

この記事へのトラックバック一覧です: 「記憶力」を鍛える2:

« 認知症患者を元気にする方法 | トップページ | アニサキス症 »