« 電力使用制限令 | トップページ | 無意味な言葉 »

横暴な「地デジ」戦略

今月の7月24日で、テレビのアナログ放送が終了する。まだ使えるテレビを無理やり使えなくする総務省のあまりに勝手で横暴な戦略だ。そもそも、なぜ今「地デジ」が必要かというと、放送側の都合でアナログ周波数帯をもっと空けたい、という理由からだ。つまり、受信側は何も不満を持っていないのに、強制終了させられるのだ。・・・で、もっと最悪なのは「本当のことを誰も言わない」ということ。本当のこととは、デジタル化の仕組みのこと。
それって、実は、もう、終わっているじゃない?・・・という事実。だって、WOWOWやスカパー(衛星デジタル放送)が普通に見れるし、見れないのは、どんなテレビにも内蔵されているB-CASカードで視聴が制限されているだけだから・・・。
だめ押しに「地デジ」にはもうひとつ大きな問題がある。それは、地上デジタル波で使うUHF帯域は直進性が強いということ、これによって、高い建物が障害になって電波が届かないところもいっぱいできてしまう。今でも、高層ビルの裏側に住む人や山間部には全く届かない。で、これを、どうするのかというと、巨額の国債(借金)による「対策費」がつぎ込まれ、中継所が建設され、これが大きな利権の温床となる。負債のつけは、増税となって国民に回される。
だから「地デジ」なんかまったく必要ないんです。本当に。デジタル放送だけなら、インターネット回線を使っても、ケーブルテレビを使っても、衛星放送を使っても、もっと簡単にできるのに、わざわざ「地上波」を使うなんて、こんな遅れた技術を使うのは、世界的に見ても日本だけ・・・。海外からは、デジタル放送を地上波で流すなんて、ありえないと笑われている。本当に、ダメだね、日本は・・・。みんな、なんで、もっと、怒らないんだろう?

・・・ということです。 (^-^)♪

それでは、明日のために頑張ってください。

↓こんなブログですが、もしよければ応援クリックお願い致します

人気ブログランキングへ

|

« 電力使用制限令 | トップページ | 無意味な言葉 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/573391/52142605

この記事へのトラックバック一覧です: 横暴な「地デジ」戦略:

« 電力使用制限令 | トップページ | 無意味な言葉 »