« インフルエンザの予防接種 | トップページ | 麻痺について »

人格障害

人格障害を一言で言うと「KY」です。DSM(アメリカの精神医学の診断基準)では、パーソナリティ障害って呼んでいます。いやなことを言われると、すぐ表情や態度に現す。自分が伝えたい事が相手に伝わらないと、中途半端な状態でコミュニケーションを一方的に遮断する。自分の気持ちをわかってくれているはずだと勝手に思い込む。根拠がないのに勝手に解釈してしまう。黙り込む。などが予兆と言われています。人格障害には、妄想性人格障害、分裂病質人格障害、分裂病型人格障害、反社会性人格障害、境界性人格障害、演技性人格障害、自己愛性人格障害、強迫性人格障害、回避性人格障害、依存性人格障害など・・・があります。妄想性人格障害は、女性に多いです。猜疑心が強く、頑固な人がこのタイプです。すぐに人を疑うので周囲から嫌われ社会になかなかとけ込めません。常に妄想的な確信を持っているので、話が通じなくなることもあります。分裂病質人格障害は、オタクです。自閉的で1人が好き、でも孤独感はないという人です。誰かと親密な関係になることができず、孤立していきます。分裂病型人格障害は、ひきこもりです。人を好まず、周りは敵だと思いこむ。「型」が名前についているので統合失調症に近いということになります。反社会性人格障害は、反抗が行き過ぎている人です。暴れる、騒ぐ、パニックになる、見境のない性行為をするなどです。外見が、すごいことになっている人が多いです。境界性人格障害は、統合失調的な精神症状が見られる人、つまり幻覚や幻聴、被害妄想などです。また、偽の宗教団体の教祖みたいに一見しておかしいとわかる人が多いです。演技性人格障害は「演技」とはまた違うようです。自己顕示性が高く、ヒステリー、巨乳の○○姉妹のお姉さんの方です。ちなみに豊胸手術をする人は、確実にこのタイプです。自己愛性人格障害はナルシスト、自信過剰の自己中心者です。俺は天才だ、といったタイプです。強迫性障害は、○○依存症の人です。○○がないと困る・・・というのが特徴です。タバコが止められないでイラつくとか、ギャンプル依存症とか、その類です。私も一部、これに当てはまります。(笑;)回避性人格障害は、極端に臆病な人、のびた君です。失敗を恐れすぎる、誰かに頼り過ぎる人です。不登校、いじめ、の中心となる人です。回避性人格障害は、依存性人格障害とほぼ変わりません。逃げたり、誰かに頼ったりすることですから・・・。経過は同じで、行動が違うだけです。周囲が、ドラえもんのような接し方をするから、のびた君のような人ができてしまう、という説もあります。まあ、どんな人でも、個性はありますから、その範囲であれば、多少のKYは、問題にはならないと思います。・・・と、言うことにします。

・・・ということです。 (^-^)♪

それでは、明日がいい日になりますように。

↓こんなブログですが、もしよければ応援クリックお願い致します

人気ブログランキングへ

|

« インフルエンザの予防接種 | トップページ | 麻痺について »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/573391/53425052

この記事へのトラックバック一覧です: 人格障害:

« インフルエンザの予防接種 | トップページ | 麻痺について »