« ダウン症児の出生前検査について | トップページ | 「錯覚」について »

夏の終わりを告げるセミ

昨年まで、9月の中旬を過ぎると「ツクツクボウシ」だけが、鳴いていましたが、今年はミンミンゼミもまだ鳴いています。それでも、ツクツクボウシが鳴き始めると、夏が終わるという、例年の「決まりごと」は変わりません。いよいよ秋ですね。昨日、近くの公園に散歩に行くと、いろんな蝉が力尽きていっぱい死んでいました。蝉は、7年間を地中で過ごし、成虫になると、わずかな日数で死んでしまいます。蝉が鳴くのは雌雄と交尾し、子孫を残すためだけです。雌に雄の声の大きさをアピールしているんですよね。蝉は、大人になってから、時間が短いので、鳴き方にも全力感を感じますね。いなくなると何気に寂しいです。お疲れさまでした。

・・・ということです。 (^-^)♪

それでは、明日が貴方にとっていい日になりますように。

↓こんなブログですが、もしよければ応援クリックお願い致します

人気ブログランキングへ

|

« ダウン症児の出生前検査について | トップページ | 「錯覚」について »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/573391/55706590

この記事へのトラックバック一覧です: 夏の終わりを告げるセミ:

« ダウン症児の出生前検査について | トップページ | 「錯覚」について »