« ストレスを解消する方法 | トップページ

低栄養症ペムについて

PEM(Protain Energy Malnutrition「ペム」)とは、低栄養状態のことで、たんぱく質、摂取エネルギーが最低限の代謝に必要な分量がとれていない状態のことを言います。ペムの判定は、通常、体重の減少率で検出します。1か月で5%、3か月で7.5%、6か月で10%以上です。血液検査では、血清アルブミン値を指標とすることもあります。血清アルブミン値ではその値が3.5g/dl以下になると内臓たんぱくの減少を引き起こすといわれ、値が3.0-3.5g/dlあたりであれば、栄養の補給によって症状の改善が可能であり、3.0g/dl以下では本格的な治療が必要になります。ちなみに、正常なアルブミン値は3.9g/dl以上です。で、低栄養になると、何が問題かというと、タンパク質不足による皮膚異常(浮腫や褥瘡)、感染症です。他にも、生活自立度が下がるとか、骨折しやすくなるとか、色々ありますが、一番は皮膚病の発症だと思います。ペムは障害を持つ高齢者にとっては、とても深刻な「病気」です。私が勤める病院でも、定期的にPEMは問題となり、対策をあれこれ講じるのですが、よくこれが原因でスタッフ同士が揉めます・・・。○○さん、もっと食べなきゃダメですよーなんて食事介助している看護師をよく見ますが、みると大抵はおかゆをスプーンですくっています。・・・おかゆ?ありえないです。おまけに患者さんは傾眠中だったりします。看護師とか、管理栄養士って普段から何を勉強しているのでしょうか?・・・低アルブミン状態、これが分かってる?アルブミンは卵白ですよ?タンパク質でしょ。穀類は炭水化物でしょ。看護師さん、ブドウ糖なら注射してよ。栄養士さん、ちゃんと考えて、味を濃くした魚か肉の刻みか、せめてとろみをつけてミキサーにするとか、なんか考えてよ・・・と言いたい。・・・言ってますが・・・。ただでさえ、不味い病院食なのに、さらに味を薄くして、これ以上不味くしてどうするの?って。
それと、ついでの余談ですが、傾眠中の患者さんを覚醒させ食事させる方法で普段、私が使っている方法のひとつ(他にもあります)を書いておきます。
1 気付かれないよう、そーっと起こします。座位まで。2 両足を下します。 3 手すりを掴んでもらいます。 4 耳元で囁きます。「出かけますか?」 → 患者さんは、ふと起きると、自分が出かける準備をしていることに気づきます。起きた瞬間、座位の保持のための反射が加わり、驚きと焦りと、身体反射で、脳を覚醒させます。その後は、お出かけなら、食事を済ましてから行きましょう、と笑顔で接します。・・・私の技の一つです。(笑;)

・・・ということです。 (^-^)♪

それでは、明日が貴方にとっていい日になりますように。

↓こんなブログですが、もしよければ応援クリックお願い致します

人気ブログランキングへ

|

« ストレスを解消する方法 | トップページ

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/573391/57441756

この記事へのトラックバック一覧です: 低栄養症ペムについて:

« ストレスを解消する方法 | トップページ